2018.10.10 Wednesday

SOC1 コネクター部曲げ加工

 

SOC1のコネクター部の曲げ加工につきましては、最大で画像の角度(約45度程度)となります。

 

ケース内の配線で余裕がない方は、画像を参考にご検討下さいませ。

 

2018.03.29 Thursday

Singxer SU-1 DSD512対応モデル

 

今回は2018年モデル(DSD512対応版)のSingxer SU-1をお預かりしました。

 

従来のオシレーターは22.5792MHz/24.576MHzでしたが、DSD512対応版(DDC基板 バージョン2.0)では45.1584MHz/49.152MHzとなっているため、NDK社製への交換ができません。

他にもコンデンサの実装の仕方など細かい変更がなされていますが、基本デザインは共通ですからその他のカスタマイズは可能です。

 

弊社でお預かりしたものはI2S出力ポート(HDMI)が金メッキタイプに変更されていました。

ディップスイッチの数も増えていて、HDMIケーブルも同梱されているようです。

 

仕様変更による音質差の確認ができませんでしたので、弊社にて最新版を数台取り寄せることにいたしました。

今後DSD512版のクロック交換が可能になりましたら改めてご案内させていただきます。

 

 


 

 

SU-1はかれこれ数十台カスタムしてまいりましたが、外見では判別しにくい微妙な仕様変更がなされています。

例えばエンクロージャーの構造、ビスのサイズ、基板の固定方法、インレット(スイッチ部)の結線処理など、仕様変更を繰り返し完成度が高まっているのがよくわかります。

 

さて、SU-1のカスタマイズに関し、「これより更に音をよくする方法は?」とご質問をいただきます。

現在のカスタマイズのメニューで充分すぎる音になるのですが、しいて挙げるとするならば電源部の強化、XMOS部のオシレーター(24MHz)のアップグレードとなるのでしょうか。

電源部につきましては、ごく普通のリニア電源が搭載されていますから、これをHFS1100に使用している電源に交換するか、電源を取り外して外付けにしてしまうという方法があります。

オシレーターにつきましては、OCXOを載せたりFidelix社のPureRythmを使うという手があります。PureRythmは弊社のテスト機に使用して効果があることを確認しているのですが、それなりに費用がかかります。

 

弊社においても色々と試してみたいことは山ほどあるのですが、現状そこまで手が回りません。

業務が落ち着きましたら順に試してまいりたいと思います。

2018.02.01 Thursday

極短USBケーブルの製作(縦45°タイプ)

 

前回の極短USBケーブルを公開いたしましたところ大変多くのお問い合わせをいただき、今回は縦方向に曲がったタイプの製作のご依頼をいただきました。

下図のようにラックに置かれたDACへアイソレーターを二つ経由して接続なさるとのこと。

設置状況が分かる写真を送っていただき、このように製作させていただきました。

横方向、縦方向、ねじれなど製作可能ですので、機器や環境に合せたものをご希望の際は事前にご相談くださいませ。

また、ストレート(全長約7cm)はオンラインショップのUOC2のオプションでお選びいただけるようにいたしております。

 

オリジナルUSBケーブル UOC2

2018.01.22 Monday

極短USBケーブルの製作

 

USBアイソレータ(USB-029H2-RP)などをお使いのお客さまよりご依頼を受けることの多いケーブルです。

向きを反転して製作することもでき、お客さまの環境にあわせて承っております。
通常はストレートのご注文が多いのですが、今回のお客さまのご要望は「Singxer SU-1とUSB-029H2-RPを直結したい」とのことで、角度を付けたものを製作しました。

 

 

実際にSU-1に接続するとこのようになります。
このように電源ケーブル(コネクター部)を回避しての接続が可能になります。
USB-029H2-RPが浮いてしまうため木製のブロックなどで高さを合わせる必要がありますが、ケーブルを使用するより確実に良い結果がでますので非常にお勧めです。

 

 

 

現在オリジナルUSBケーブル「UOC2」の後継モデルを鋭意開発中です。
時期モデルにつきましては可能な限り無駄を省き、ロスの少ない忠実な信号伝送に拘っています。
既に線材は決定しており、2月下旬のリリースに向け細かい仕様の調整を進めています。

 

長らくお待たせしている「ALC-X2」につきましては最終的な調整が難航しておりましたが、2月下旬〜3月上旬のリリースに向けて進めておりますので今しばらくお待ちくださいませ。

 

2017.12.12 Tuesday

Singxer SU-1 X-MOS DDC カスタマイズ(3)

最近お問い合わせが増えている「Singxer SU-1 X-MOS DDC」のカスタマイズですが、お客さまよりお預かりしたものを更に突き詰めてみました。

 

まずはDDC基板にある三端子レギュレーター(D2PAK)の交換。

表面実装タイプのものからTO220のレギュレーターへ交換をする場合、立てた状態で取り付ける必要があります。

取り付けて動作させるだけならば問題ありませんが、振動対策や放熱など耐久性を考慮して製作しました。

加工費用等が少々かかってまいりますが、ここのレギュレーターの交換はS/Nの改善に効果があります。
今回は基本作業(電源部)と先ほどのレギュレーター交換に加え、特別仕様のDCラインコンディショナーも取り付けました。
電解コンデンサー×8(低容量・高耐圧のもの)、フィルムコンデンサー、ディップマイカなどで製作しています。
これを加えることで深みが加わり、よりシルキーなサウンドに変化します。
今回は真鍮スパイクもご依頼いただきました。
前一点、後二点の三点支持となりますが、前はビス穴がないため両面テープでの貼り付けとなります。
前もビス止めタイプをご希望の方はネジ穴加工が必要となりますので別途お問い合わせください。
今回ご紹介いたしました「DDC基板レギュレーター交換」「DCラインコンディショナー挿入」は弊社オンラインショップ「Singxer SU-1 DDC カスタマイズ」のオプションにてご依頼いただけるようにいたしております。どうぞご利用くださいませ。

 

 

Singxer SU-1 DDC カスタマイズ
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト

スタッフMの「なんちゃってオーディオ女子」
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode